鈴玉屋

2児の母が、絵と漫画の修行に励むブログ!

柔軟な思考でいたいと思う。

さて、今日はカレーを作った。

 

世の中、色んな考えの人がいるけど、自分もこじつけるというのをやめたいと思う。

なにかにつけても、こじつけというのは、いい考えをうまない気がする。

 

私もそうだったけど、本人はわかったつもりになっていても、冷静にその考えを聞くと、突っ込みどころが満載だったりする。

 

本人は気づいてないのだけど、狭い世界にいたり、人間関係が貧弱だったり、社会経験が乏しいと、視野も狭くなる。

他人のことは冷静に見れても、自分のことは…ってやつですよ。

かくいう私も、旧ブログでは、散々色々あった。

他の人に、自分の考えを信じてもらおうと、必死だった。

でも、今は、なんか、証拠も出ないのだし、信じてもらえないことを、頑張って訴えるのは、無駄だと悟った。エネルギーの無駄。

そんなことにエネルギーを費やすくらいなら、仕事や創作に、情熱を向けたいと思えるようになってきたのだ。

ありがたいことに、人間に対する不信感というのは、あることがきっかけで、払拭できたので、今は、自分の考えは、自分のなかだけで思っておけばいいや…という考えに落ち着いた。

大体、今の私の考えって、「この世は神様が動かしている」みたいな考えに近いからだ。別に、神様をありがたがって信じているわけではないけど。

 

精神病が発症することに、理由をつけたがる人が多いけど、理由なんてないんだと思う。

私が、そうだったから。

別に本人に責任があるわけでもないし、かといって、遺伝も証明されてない。

ストレスなど、環境は多少影響があるのかもしれないけど。

ガンを発症するのに、理由がない人もいる。だから病気なんて、運というか、そんなもんじゃないだろうか。

 

この統合失調症と言う病気は、罹って、絶望する人も多いと思う。

でも、自分の心が落ち着いて、何が症状で、何が現実なのかを、わかるようになれば、だいぶ安定に近づいていると思う。

私は現在、幻聴が多少あるが、体調はかなり安定していると思う。

感情が、自分の意志に関わらず、たまに不安になったりする現象も、症状だと思う。

大事なのは、それは自分の意志ではなく、症状であって、それに惑わされて流されないようにすることだと思うのだ。

そう割り切ってしまえば、気持ちはニュートラルに戻せる。

身体の痛みは、原因不明としか言いようがないが…。

これすら、私は「神みたいなものによるいたずら」と思って、割り切っている。

 

当事者で、統合失調症患者は、脳の病気だから、○○は無理、とか、○○な人が多い、と言っている人もいるが、それも、こじつけである。

確かに、そういう人もいるだろうが、それは病気にかかった結果、そうなったのではないかと、私は思う。

病気に振り回されずに、現実をしっかり生きていけば、統合失調症患者でも、いくらでも人生を充実させることはできると私は思う。そこに、自分のやりたいことも充実させられたら、サイコーじゃないか。

御託を並べて行動を起こさず、諦めるのは簡単だ。生産性がないのもいいとこだ。

 

さて、長くなったけど、

世の中、すべてのことが解明できるわけではない。

だから、なんでもかんでも、とくに、ネガティブなこじつけをするのは、よくないと思う。

柔軟でいたいなと思った日だった。

 

以前、私が、自分の考えを信じてほしいあまり、つっかかった人たちには、謝っておかないといけないだろう。

この場を借りて、改めて謝罪します。すみませんでした。